忍者ブログ

あっちこっちでっち

あっちこっちの地方の情報・ニュースをよせ集め


カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
最新トラックバック
TW

あわせて
バーコード
ブログ内検索
リンク
社会っていろいろあるなぁ
しゅんげー
海外こぼれ話
空とぶぶた
芸能ネタからコマ
野菜を食べよう
Firefoxアドオンがんば
まわる歯車
ワールドん
コケっこレシピ
きになる小物、アイテム
食べ物ばくばく
えんたねす
外国ってすげぇ
いきものまんざい
洋画でしょうが
元気!やる気!やーまだ!
Webサービスめも
ITっていうなぁ
おもしろ世の常人の常
深い海には何かいる
風にふかれて
芸があるのに芸能
着る物わーらん
知恵とテクノロジー
ボールペンがころんだ
ちょうちょは風で運ばれる
人生楽ありゃ
身のまわりのこと
食ネタ列伝
パソコンのある生活
ほんまですか
かがっくん
ぼくの社会多事他事考察
モォー牛肉がうまい
アプリソフトサラダ
たけやぶやけた
うまうまもぐもぐ
目覚まし時計とボールペン
インターホット
水に浸かってるとふやけね?
とーふとうふとーふー
コンバルケ
世界は広いな大きいな
楽に行きたい
商売3畳
エルビスとダンス
宇宙猿人ポリ
理科少年
ノバンス雑記
カルチャーチョップ
ねったーCO
テクテクブログ
節約くんがくるぞー
よもやま経済適当話
ほうきにまたがり
あんなこんな仕事術
社会とネット
企業の憂鬱
からだのみかた
あめんぼだってー
生物と環境と心強さと~♪
経ざいざいざい
科学はマジックじゃないのよ はっはぁー
なーるほど ざ 世界
とんとん大好き
まつりごとのまつり
やりたいしたいライフハック
なんで空は青いの
ここまできたか よのなかは
使えるフリーソフト
お役立ちウェブ
人間って難しい
ライフハック なにそれおいしいの?
無重力でキャッチボール
経済と秋の空
サルも驚いた
階段を登ろう
たべP
歩く洗面器
なんなのなんなの
出来事ドレッシング
エンタメ海外ぬーす
社会リモコン
リーマン日記
かたづけよう整理整頓
歩けカタツムリ
海外どっこいネットニュース
津々浦々
セケンヲチ
体にガタがくるまえに 
文化だんしゃく
とれにゅの里
秘密戦隊サイエンス
インターネットは何をしたか
ぐろばるにゅ
SOBURON ETA
インテリアニュース
よのにっき
[12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5
HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY HAPPY

山形大が就活の運賃に補助金

就活が厳しい状況なのは各ニュースで言われてますが、その就活を支援する補助を出す大学があります。

山形大学は山形・東京間を往復する夜行バスの料金の補助を出す事に決めました。


厳しい就活 救援 東北初の夜行バス代補助 山形大  2011年01月06日 河北新報社
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/01/20110106t53010.htm
首都圏で就職活動をする学生を支援しようと、山形大は山形―東京間を往復する夜行バスの運賃を補助することを決めた。今春から就活を行う学部の新4年生(現3年生)が主な対象となる。就職状況が厳しさを増す中、「経済的な負担を少しでも軽減することにした」(同大)という。東北の国立大では初めての試み。

補助割合は、年間予算が確定した後に決めるが、最大でも運賃の半額までとなる見通しだ。山形―東京間の夜行バスの運賃は、片道4000~6000円程度。同大によると、運賃が割安なことや午前中の時間を有効に使えることから、企業訪問や説明会出席のため夜行バスを利用する学生は多いという。


たとえ半額でも出してくれればかなりありがたいでしょう。
というか就活で夜行バスで来るって大変です。
私も夜行バスを利用した事ありますけど、運賃は安いですが長時間同じ姿勢で乗っているので体にきつかった。

就活支援策としてはほかに、山形県内の有力企業を回るバスツアーなども実施する予定。
こうした就活支援は、結城章夫学長が5日、定例記者会見で発表した今年の行動計画「結城プラン2011」(全63項目)にある目玉事業の一つ。夜行バスの運賃補助は全国では鳥取大で先行事例があるが、東北では初めて。結城学長は「学生や親の経済的負担を少しでも軽くし、就職率の向上につなげたい」と語った。
プランではこのほか、県が友好県省を締結している中国・黒竜江省の大学等連携組織と「大学コンソーシアムやまがた」の学術交流協定の締結、科学研究費補助金の新規採択率20%達成―などを掲げた。
結城学長は08年から毎年1月にプランを発表し、年末に達成状況を検証している。10年は63項目のうち83%を達成したという。

ただ大学が就職予備校になっているのはいまだに腑に落ちません。
4年間しっかりと勉強して卒業した人間を対象にすればいいのに。
今の状態だとまともに勉強するのは2年半って所でしょう。

何の為の大学かよく分からなくなってしまってます。
PR


  • SEOブログパーツ
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]